アルコール入り育毛剤は頭皮に悪い?本当の育毛効果とデメリットとは

Pocket

アルコール入りの育毛剤・発毛剤は頭皮に逆効果?ノンアルコール使った方がいい?

30代も半ばになってくると髪の毛の1本1本が細くなっていき、男性型脱毛症も発症して抜け毛量も増えてしまいます。そこで思い立つのが育毛剤対策ですが、育毛剤にはアルコールが含まれているものがほとんどですよね。
しかし、アルコールアルコールは皮膚に刺激を与えてしまうのではないかという声から敏感肌の方やアトピー肌の方の利用は難しいという説を唱える人がいました。

今回はアルコール入りの育毛剤を使うと頭皮にとって本当に悪影響となってしまうのか、さらに最近話題のノンアルコール・アルコールフリーの育毛剤を使った方が良いのかどうか調べていきます!育毛剤の選び方を知りたい、と思っている方は必見です。

育毛剤にアルコールが含まれている理由

品質を維持するため育毛剤にアルコールが含まれている

何故育毛剤にアルコールが含まれているのかというと、大きな原因の一つとして挙げられるのが商品の品質を守るためだと言われています。アルコールと聞いてお酒を思い浮かべる人は多いのではないでしょうか。そのお酒ですがウィスキーやテキーラなどアルコール濃度の高いものは古くなったとしても飲めますよね。
アルコールには品質を維持できる機能があり、製品の劣化を抑えられるわけです。

防腐効果もあるので、雑菌の繁殖を防ぐことができ育毛剤を開封した後も一定期間は品質を維持してくれるのと同時に、頭皮の除菌効果も狙うことができます。
更にそれだけではありません。

アルコールには皮脂を溶かすような作用があります。毛穴の中に詰まった皮脂を溶かすことができるので、毛穴がスッキリとする、といった効果が得られます。

毛穴の皮脂がスッキリとなくなることで、育毛剤の浸透力がアップする、といった効果も期待できます。

天然成分を抽出するために育毛剤にアルコールが使用されている

育毛剤には様々な成分が配合されています。例えば、植物性のエキスを配合しているヘアケアアイテムは多いですよね。
それらの天然エキスは育毛剤に配合する際に、いったん抽出する作業が必要となりますが、その抽出の時に使用するのがアルコールなんです。また、成分同士を混ぜ合わせる時にもアルコールが使用されることが多いです。


なので、たとえアルコールフリーやノンアルコールを謳う育毛剤だとしても、配合成分に天然成分を含むものは抽出作業などでアルコール使用しているという事も多いです。

このように、育毛剤とアルコールは切っても切れない関係にあるということは理解しておきましょう。

その中でも、刺激は少ないけど効果のあると口コミで話題の育毛剤ランキングをこちらに載せてますので是非ご覧ください。
>>@男性用育毛剤ランキング@おすすめ人気メンズ育毛剤!効果口コミ有

頭皮にとって育毛剤のアルコールは本当に悪影響?

育毛剤にアルコールが含まれている理由を説明したところで、本題に入ります。

育毛剤のアルコールは頭皮への刺激が強い?

まずは気にする人が多いというこちらの問題。育毛剤に含まれているアルコールが頭皮にとって刺激となるのでは?と考える方も多いと思いますが、然程気にしなくても大丈夫でしょう。

消毒用のアルコールなどを直接頭皮につけるとなったら頭皮に刺激を与えてしまう事も考えられますが、育毛剤に含まれているアルコールの量で頭皮が傷んでしまうというのは考えられません。

ただし、気を付けなくてはならないのが、アルコールに対してアレルギーを持っている方の場合です。

普段からアルコールに触れると湿疹などが出てしまったり、パッチテストなどをした際にその傾向が見られる場合は、アルコール入りの育毛剤を使用した際にも同じ症状が出る可能性がありますので、注意しましょう。

育毛剤のアルコールが頭皮を乾燥させるって本当?

アルコール入りの育毛剤でもう1つ囁かれている噂が、「アルコールが頭皮を乾燥させてしまうのではないか?」という噂です。

アルコールの揮発性が高く、すぐに蒸発してしまうことからアルコール入りの育毛剤を使ってしまう事で頭皮が乾燥しやすくなってしまうのではないかと考える方もいますが、これは一概にそうだとは言えません。というのも、育毛剤の中にはそもそも頭皮を乾燥から守るために保湿効果を持つ海藻成分などが配合されている物があります。

世の中で発売されている全ての育毛剤がその保湿成分を配合しているというわけではないので、アルコール入りの育毛剤を使用した時に乾燥したと感じてしまう方がいるのでしょう。そのため育毛剤を使用する時には保湿成分がしっかりと配合されている育毛剤を選ぶようにしましょう。

ノンアルコール・アルコールフリーの育毛剤を使用した方がいいの?

頭皮への刺激を極限まで抑えるという名目でアルコールをほとんど使用しない育毛剤も近年発売されています。その中でも代表的な物がBUBKA(ブブカ)とM-1育毛ミストです。BUBKA(ブブカ)はアルコール大幅カット、M-1育毛ミストに至ってはノンアルコール育毛剤だと自信をもって掲げているようです。

ただし、最初にお話ししたようにどんな育毛剤にも成分抽出などの目的で多少はアルコールが含まれています。BUBKA(ブブカ)に関しても昔は「ノンアルコール」として売り出していたようですが、成分抽出の段階でアルコールを使用していると指摘が入ったのか今では「アルコール大幅カット」と表記を変えています。

どうしてもアルコールが肌質に合わないという方であればノンアルコール育毛剤の使用を検討してみてもいいかもしれません。ですがアルコールに対して特に嫌悪感やアレルギーなどが無い方であれば、アルコールが含まれている育毛剤を使用しても問題はありません。

そこで、次の章からどんな方でも安心して使えるアルコール入りの育毛剤を紹介します!

安心して使えるアルコール入りの育毛剤はこれだ!

どんな肌質の方でも安心して使う事ができる育毛剤、それはCHAPUP(チャップアップ)です!

副作用なし、無添加無香料と堂々と掲げられているCHAPUP(チャップアップ)は利用者が非常に多く、その満足度は97%!CHAPUP(チャップアップ)がそこまでの実績を挙げられたのは、商品の安全性と育毛効果に定評があるからです。

■CHAPUP(チャップアップ)は徹底した商品検査を行っている!
CHAPUP(チャップアップ)は副作用の報告がない、かなり優秀な育毛剤です。その背景には厳しい3つの試験を元にした商品検査にあります。

24時間パッチテスト
皮膚に24時間CHAPUP(チャップアップ)の成分を接触させ、皮膚科専門医が判定。

低スティンギングテスト
肌に塗布した際のかゆみ、ヒリヒリ感がないか確かめる感応性テスト。パッチテスト同様皮膚科専門医が判定。

RIPT(累積刺激性及び感作試験)
ヒト連続刺激パッチテスト、いわゆるアレルギーテスト。基準を突破した商品は「アレルギーテスト済み」「累積刺激テスト済み」と表記することができる。

もちろんCHAPUP(チャップアップ)はこの3つの試験を突破しており、アルコールに弱い人だけでなく、アレルギーの出やすい人や他の育毛剤で副作用が出てしまったような人でも安心して使う事ができるので、老若男女問わず使用者の多い育毛剤なんです。

■CHAPUP(チャップアップ)は育毛効果もすごい!


CHAPUP(チャップアップ)の魅力は安全面だけではありません。

配合している成分の種類が80種類を超えており、CHAPUP(チャップアップ)は育毛剤界でトップクラスの成分数を誇っています。
それだけ成分の数が多いという事もあり、薄毛の原因の代表格である5αリダクターゼの抑制、炎症の予防や抑制、頭皮の血行不良の改善ができるなど、幅広い薄毛の原因に対処することが可能です。
M-034という医薬品の発毛剤「ミノキシジル」と同等の発毛効果がありながら副作用の無い海藻エキスも含まれているので、頭皮の乾燥の心配もありません。

CHAPUP(チャップアップ)は頭皮に直接ノズルをくっつけて塗布するようなタイプではなく、気になるところにシュッと吹きかける事ができるスプレータイプなので、衛生面でもばっちりです。

アルコールが含まれていると言ってもほとんどそれを感じさせることは無く、スースー感なども抑えられ嫌なニオイが無いため外出前にも気軽に使用が可能です。値段もサプリと同時に購入できる定期購入で9,090円とかなりお得なので自信をもっておすすめできるアルコール入り育毛剤です。

まとめ:アルコール入り育毛剤は頭皮に悪い?本当の育毛効果とデメリットとは

育毛剤は付けたとたんに髪の毛が生えてくるというものでは無くある程度長期的に使用する必要があるものです。そうなった時に肌への刺激を考えて、「アルコールは頭皮にとって害なのではないか?」と考える人もいますが、アルコールが必ずしも悪だとは言い切れません。

事実、ほとんどの育毛剤にはアルコールが含まれており、それでいて育毛効果を実感できている人も沢山います。しっかりと判断すべき点は育毛剤の安全性です。そういった面から見ても、CHAPUP(チャップアップ)は厳しい試験を通過し、利用者が多いながらも副作用がないという実績を誇っているので安心して使う事ができるアルコール入り育毛剤だと言えます。

この記事の関連ページ

>>薄井家の育毛剤事情TOPへ